杉並区成田東にある建設会社、日本住宅建設です。

小さな工事から大きなリフォームまで

「ひたすらに、誠実に」を理念として

きめ細やかな施工を行います。

なんでも相談できるホームドクターとして

お気軽にお問合せください。​

アセット 1.png
  • Pinterest

 株式会社日本住宅建設

 〒166-0015 東京都杉並区成田東5-34-21   TEL 03-5397-1311(代表)FAX 03-5397-1318 

STAFF

BLOG

 

断捨離作戦〜①消費期限付きボックスを作る!〜

May 16, 2019

みなさん、こんにちは!

 

突然ですが、ミニマリストって言葉、最近よく耳にしませんか?

 

「……ミニマリストって何?」

という方のために、簡単にご説明。

 

ミニマリストとは、

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人のこと。

(コトバンクより抜粋)

 

自分にとって本当に必要なものだけ持つことで

「大切なものが何か」が明確になり、かえって豊かな生活ができる、という考え方そのもののことも示す言葉です。

 

「ホテル生活」のようなシンプルさを、家庭でも!

とイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。

 

スッキリした部屋。

必要なものしかない家。

憧れますよね……!

 

ですが、その生活をするためには、

「断捨離」の作業が必要不可欠!!

 

これは、物をなかなか手放せない方には辛い作業です。

「勿体無い」「いつか使えるかも」

と思ってしまい、結局モノを減らせず、部屋は片付かないまま……なんてことも。

 

なかなかモノを捨てられないときは

「消費期限付きボックス」を作りましょう!

(※ちなみにこのアイデアは「整理収納アドバイザー講座」で習ったものです)

 

 

100均などで売っている箱、もしくは段ボールでも構いません。

「まだ使えるかな?」と迷うものはまとめて箱に収納します。

 

そして、箱に消費期限を書きます。

つまり「捨てる日を決める」ということ。

 

期限は短い方がいいので「3ヶ月以内の日付」に設定します。

この時に、漠然と「3ヶ月以内」と記入しないで

「消費期限:●月●日」と書くことがポイント。

 

そうしないと、日付を過ぎてしまっても気にしなくなってしまうので。

 

期限以内に使用する機会があったものは、当然箱から取り出します。

使用しなかったものだけが消費期限に箱の中に残るわけです。

 

そして期限当日。(忘れないよう手帳などに書き込んでおくといいかも!)

 

中身を見ないようにして

(※ここが大事!見ると捨てられなくなる)

 箱の中身を全部ゴミ袋に入れます!

 

期限を付けることで

気持ちの整理も付きますし、

「あ、本当にいらないものだったんだな」と再確認もできます。

 

なかなかモノを捨てられない方は、ぜひお試しください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload