STAFF

BLOG

 

杉並区ブロック塀等改修工事助成制度

平成30年6月18日に発生した大阪府北部地震により、登校中の小学生がブロック塀の下敷きになり犠牲になりました。

あの痛ましい事故から1年が経ちました。安全であるべき通学路。そこで起きてしまったブロック塀の倒壊。

二度と悲劇を繰り返さないために、国土交通省は「ブロック塀の安全確認」を全所有者に呼びかけています。

各自治体も「安心できる通学路・避難路」のために動いています。

杉並区では、平成32年3月までの期間限定

「ブロック塀等改修工事女性制度」を導入。

通学路・避難路に面した危険なブロック塀の撤去、ならびに軽量フェンスなどを新設する工事を行う場合、助成金が交付されます。

助成限度額は以下のとおりです。

【ブロック塀などの撤去工事費】実際の工事費で区が適正と認めた額(※助成額は1,000円未満切り捨て)

【軽量フェンスなどの新設工事費】最大50万円(※工事費の2分の1の額と1mあたり85,000円で算出した額と比べて小さい方)

※通学路が幅員4m未満の場合、狭あい道路拡幅整備助成が優先されます。(狭あい道路拡幅整備助成)

※道路沿いに生け垣・植え込みなどを作る場合、緑化費用を助成する制度もあります。(接道部緑化助成)

通学路・避難路に面している方は特に、ご自宅のブロック塀を今一度ご確認頂き、安全性を再度確認しましょう!

助成金の詳細は杉並区のHPでチェック!

https://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/sumai/burokkubeitoukaishujosei/1045001.html

#防災 #ブロック塀 #地震 #助成金制度 #杉並区